ライクネスが正常に動作しない時のヘルプページ※動作がおかしい

ツール
この記事は約14分で読めます。

エラー状況の確認

エラー状況に関してご質問の場合はマニュアルにある、

マニュアルあるより抜粋:https://forex.weller.asia/likeness/#toc63

の部分をまずはご確認下さい。
https://forex.weller.asia/likeness/#toc61

なるべく詳しい状況を教えて下さい。

お使いのブローカー名やMT4に何枚のチャートを表示させているか、パラメーターの設定状況。

スクショなどもあると回答がスムーズに出来ると思います。

また必ずターミナルの操作履歴の部分を教えて下さい。

対象となる時間の部分が必要となります。

マニュアルあるより抜粋:https://forex.weller.asia/likeness/#toc58

この部分にエラーがなければ、設定ミスのケースがほとんどなりますので、設定をもう一度やり直して頂ければ上手く機能します。

あとはその隣のタブ「エキスパート」の部分です。

情報は細かく頂ければ頂くほど、解決が早いです

MT4のスクショは全体が見えるように撮影お願いします。 自動売買ボタンや、その他どのようなチャートを表示させているかこちらで確認出来ます。

またブローカー名なども同時に確認できます。

「パラメーターの入力」のタブだけでなく、「全般」タブなどもご確認の上、スクショをお願いします。

前提として、私の方ではご利用者の設定状況はなにも把握しておりませんので、

コピーできないんですけどどうしたら良いですか?

だけだと原因を突き止めるのが不可能となります。

ライクネスは非常にシンプルな作りになっております。

簡単にいうと電卓のようなものです。

どこが原因かを1つ1つ確認していけば、意外と単純な操作ミスだったりします。

コピー出来るまでしっかりとサポート致しますので、一緒に解決していきましょう!!

●コピー元のブローカー名

●コピー先のブローカー名

●コピーしたい通貨ペア

●パラメーターの設定画面
※スクショ

●コピー元、コピー先の画面のスクショ
※チャートの枚数
※別のインジゲーターを使用の場合はどのようなのか?
※別のEAをお使いの場合はどのようなEAか

●「操作履歴」のログファイル
※スクショでも構いません。
この部分にエラー内容が書かれいる場合が多いです。

●「エキスパート」部分のログファイル
※スクショでもかまいません。

●問題発生の時間

●対処した内容
※再起動やライクネスの再インストールなどはしてみた等々。

スクショの取り方

動画を用意しました。

もしPCに不慣れでスクショの取り方が分からないという方はぜひご視聴下さい。

画面全体は WindowsボタンとPrint Screenの同時押し

一部を切り取りたい場合は、

Windowsボタン + Shit + S の同時押しとなります。

過去の事例

コピー先でポジションを5個までしかとらない。

コピー先の証拠金不足により、新規ポジションをとれないことが御座います。

エラコードは134となります。

OrderSend Error 134 (not enough money)

コピー先で2つポジションを取得してしまう。

下記動画にて解説しております。
ライクネスのインストールはMT4一台に対して、1個しか使いません。
2個以上いれるとそのようなエラーが起こります。

通貨ペア名が変更されない。

一番多いのが、
「通貨ペア名変換」の部分を「する」に変更していないパターンです。

まずは、

マニュアルより参照:https://forex.weller.asia/likeness/#toc29

通貨ペア名変換の記事を再度ご確認下さいませ。
https://forex.weller.asia/likeness/#toc29

DLLや自動売買にチェックの入れ忘れ

その他多いのが、エクネスやXMのマイクロ口座、その他IS6FXなどのブローカーですが、通貨ぺア名の後に小文字が付いているケースです。

IS6FXのゴールドの場合はXAUUSD.stdなどになります。

マニュアルにサフィックスに関しての説明がありますのでぜひそちらをお読みください。

土日に設定される方へ

祝日などはインターバンクよりデータの送受信がされないので、コピー元は

「システムが正常に動いています。」
※コピー先との連携はとれているため。
と表示されますが、

コピー先は

「データを取得できません。」

と表示されます。

市場が開いている日に設定してみて下さい。

※市場が開いてない時はデータを取得できません。土日など。

マニュアルあるより抜粋:https://forex.weller.asia/likeness/#toc58
注意

土日設定して、テスト無しで稼働させることは大変危険です。

まずは平日にテストをして自分が思っている通りにコピーしているか確認をして下さい。

ちょっとした間違いで取り返しのつかないことになる可能性があります。

どうしても、土日に設定をしたい方はデモ口座で行って下さい。

大損する可能性があります。

こちらはご質問だけだったのでよかったのですが、

「同じ口座番号のMT4を2台起ち上げて、コピーしてよいですか?」

という内容でした。

図で説明すると、

こんな感じです。

※説明を追記すると同じVPSやパソコン環境でコピーした場合となります。

これをおこなうと、ループが始まりますので証拠金がなくなるまでポジションを取り続けますので、すぐに破綻します。

ライクネスを使用する時は必ずデモ口座で練習してからご利用ください。

マイクロ口座にに関する質問

ライクネスユーザーの方は最初にマイクロ口座をコピー先にテストされる方が非常に多いです。
今後もご質問が多いと思いますので別記事にてまとめております。


https://forex.weller.asia/micro-question/

特に通貨ペア名変換に関しての質問が多いです。

画像引用元 :ライクネスマニュアルより:https://forex.weller.asia/likeness/#toc29

例えば、XAUUSDが表示されるブローカーからXMのマイクロ口座へのコピーが頻繁に問合せが御座います。

その場合は下図のように設定して下さい。

コピーツールLikeness(ライクネス)マニュアル【解説有】MT4
この度はコピーツールLikenessをご購入下さいまして、誠にありがとうございます。このマニュアルはコピーツールの使用方法及び、私が実践してやっている方法をいくつか紹介します。特に、では対象の方であれば...

大文字で入力して下さい。心配な方は下記をペースして下さい。

XAUUSD

GOLD

記憶にないポジションを取得しましたがこれはなんしょうか

まずはコピー先のコメント欄のご確認して下さい。

コピー元からコピー先にトレード内容をコピーした場合は、コピー元の注文番号がコピー先のコメント欄に表示されます。

もしコメント欄に注文番号以外のものや空欄の場合はコピーツールからのコピーでは御座いません。

説明通りにやってるつもりですが、動きません!

ほとんどの方が、

MT4の再起動、

パラメーターの再設定

ライクネスのの再インストール

で解決します。

ツールに慣れないうちは必ず起こりえるトラブルです。

ただそうゆう時こそ一旦冷静になり、1からやり直すのが一番の近道です。

FXにも通ずるところがありますが、熱くなったりムキにならず、

一度時間をおいて、最初から1つずつ設定をし直します。

それと不思議と解決します。

これはシステムあるあるです。

正しいと思い込めば思い込むほど、動かなくなります。

動かなくなった原因は、大体数ヶ月後に

「あれが原因だった!」

など気づくことがあるので!

仕様に関して

質問:コピー元をオンにしたらコピー先がまとめてポジションを取得した?!

コピー元で6個ポジションをとったので、コピー先で「自動売買ボタン」をオンをしたら、コピー先がまとめてポジションを6個コピーしてしまいました。

これはなぜでしょうか?

回答:チャート削除をおすすめします。

これに関してはコピー先の自動売買ボタンを「オフ」にするタイミングによってかわってきたりします。
※基本的にはコピー元にある決済内容や取得したポジションは全てコピー先にデータが送られます。
キャッシュ(記録)が残っていない場合は取得や決済はしません。

対策としてはコピーしない時は基本的にはライクネスをインストールしているチャートを消して頂くの一番です。(コピー元、コピー先)
※その際は.setファイルなどで設定状況を保存しておけば、特にパスの部分などは楽にに再設定は可能となります。

その他パラメーター設定で●●ロット以上(以下)はコピーしないなどに変更しておくと良いと思います。

0.5以下のポジションは取得しない設定

補足:マニュアルで説明している使い方とちょっと違う方法をされる時は、まずはデモ口座にて動作確認を行って下さい。

質問:コピー元の表示は常「正常に動いています」コピー先は?

コピー元で事項売買はオンにすると「常に正常に作動していると表示されます」

そして自動売買を「オフ」にしても、

なぜですか?

回答

まず、これについては利用者の方にはちょっと分かり難い仕様となっております。

申し訳御座いません。

コピー元の自動売買ボタンですが、これはEAのON/OFFボタンではなく、EAによる売買が許可されるかどうかのON/OFFボタンになります。


自動売買がOFFの場合でもEA自体は動いております。
(自動売買がOFFの場合はEAも停止する処理をされたEAは停止します)


コピー元のOriginal_Likenessは売買自体は行わずに、コピー元のデータをコピー先に送るEAになっておりますので自動売買のON/OFFに関係なく動きます。

ただなぜこのような仕様にしているかはコピーツールの内部の事なので、秘匿とさせてください。

すいません。

したがって、コピー元の自動売買ボタンを「オフ」しても動作はしますが、わかりやすいように「オン」の状態で稼働をお願いします。

コピーを止めたい場合は、上記でも説明の通り、コピー先のチャートの削除をお願い致します。

あとはコピー元がポジションを取っていない状態の時にツールの立ち上げをお願いします。

重複となりますが、その際はセットファイルをご利用頂ければ数秒でもとの状態に戻すことが出来ます。

追記:マジックナンバーの変更

上記内容を書いている時に気づいたのですが、「マジックナンバー」を変更するとこの問題が解消されました。

まずマジックナンバーを「1」にしてコピーします。

2つコピー元でポジションを持ったので、コピー先でも2つ持ちます。
※売り(ショート)ポジション

ここでマジックナンバーを「2」に変更します。

そしてポジションを2つ追加します。
※買い(ロング)ポジション

ただこれを全てコピー元で決済すると、マジックナンバー「1」で取得した方は残ります。
※売り(ショート)ポジション

この使い方はやったことがありませんが、このようなことが出来ました。

ご面倒おかけいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

上記内容で不明な点が御座いましたらご連絡下さいませ。

身に覚えないポジションがある

コピー元ではポジションをもってないにもかかわらず、コピー先でなぜかポジションをもつというご質問をうけました。

基本的にはライクネスはシンプルなシステムなのでそのケースは無いと考えて良いと思います。

なので原因を突き止める方法が重要となります。

まず最初に行って頂きたいのは

コメント

の部分です。

ライクネスではコピー元からコピー先へ情報を送る時にターミナルに表示される、【注文番号】も一緒に渡します。

コピー元

そしてコピー先へは、「コメント」の部分に注文番号が表示されます。

コピー先

※ライクネスVER02以降は注文番号の前にアルファベットが表示されます。

もしコピー先の「コメント」部分が空白であれば、裁量トレードで取引した可能性が高いです。

※誰かがトレードしたか押し間違いなどが原因です。

それ以外のケースでしたら個別に原因をさぐりたいので、LINE若しくメールにて詳細のご連絡お願いします。

詳細の内容は下のページを参考にご連絡下さいませ。

どこかに必ず原因がありますので、まずご連絡下さい。

重複したポジションがある

詳しく内容を確認してみないと明言は出来ませんが、もし内容に特に問題がない場合、一番可能性が高いのはエントリーオーダーをサーバーに飛ばした時に、サーバーがビジー状態で可否の判断がされる前に次のオーダーが飛ばされてビジー状態が解除された時に二つ一度にエントリーされた場合が考えられます。

ただこの対策は結構トレードオフとなるような気がしてやっておりません。

例えば、一度エントリーを行って、そのエントリーが行われなかった場合、再注文は〇秒待つなどにすれば良いと考えましが、他のエントリーの再注文も少し待ちますのでエントリーが若干遅れる場合が出てきます。

どちらが良いか考えた時に現状の方が良いと思いそのままにしております。

またこちらもいつもお伝えしております、コピー先はECN口座のように口座の狭いものを使用するや、スリッページの値を大きくするとスルッとオーダーが入るかもしれません。

デフォルト(初期状態)が3ピッピスですので、5pipsなどに切り替えても良いかもしれません。

まずはお使いの口座のスプレッドをご確認下さいませ。

コピー先にポジションを持つと直ぐに決済される!

コピー元のEAを使いコピー先にトレード内容をコピーした時に、すぐにコピー先のポジションが決済さえるというご質問を受けます。

原因はEA同士の干渉です。

ライクネスではパラメータの入力はコピー先だけ必要となります。

その際に同じマジックナンバーを使用してしまうと、干渉します。

あまりない状況かと思いますが、下記のようにコピーする方がいらっしゃいます。

無料版だとコピー先をまとめる機能がないからです。

その場合は上図のようコピー先のにマジックナンバーを変更して下さい。

もし通常版を既にお買い上げの場合は、VER02をご利用頂ければこの問題はスムーズに解消されます。※使用するMT4も1つ減ります。

コピーの仕組みの考え方

コピーツール・ライクネスは下記動画で説明しておりますが、ターミナルの情報をコピー元からコピー先へ送りトレードをします。

ここでシンプルに考えて頂きたいのが、

コピー元からコピー先は通貨ペア、ロット数の2点

の情報が移動される。

と考えれば、これもよくご質問である

XMトレーディングのマイクロ口座を使う場合は、ロット%は上げる必要をあるのでしょうか?

などの回答に対して、

参照元マイクロ口座に関しての質問をまとめてみます。
https://forex.weller.asia/micro-question/

と別に気にしなくてよいということになります。

さらに詳しく知りたい方、

マイクロ口座に関しての質問をまとめてみます。

またその他のご質問でライクネスを使う上での、マジックナンバーに関連するもの多いです。

別途ページにまとめておりますが、
ライクネスにおける、マジックナンバーの考え方(Magic Number)

この時の考え方としては、

ライクネスを設定した時のことを思い出してもらいたいです。

設定するのは、

コピー先である、Copy_Likeness側となります。

したがって、コピー元はロット数と通貨ペアの情報だけを渡しているだけに過ぎないので、コピー元でどのようなことが行われるかはさほど関係ありません。

マジックナンバーに関してはコピー元で使っているマジックナンバーはコピー先のトレードでは関係なく、コピー先でトレードする時にCopy_Likinessで決めたマジックナンバーが付与されるだけとなります。

また別の例でいくと、コピー先である、Copy_Likenessのファイルで設定する下記項目もコピー先の口座情報が重要となります。

ロットモードのロットパーセントも同様で、

コピー元が1ロット取得した場合、コピー先で50%の設定をすると0.5ロットがコピー先になります。

これは単純にコピー元からオリジナルのデーターである、1ロットが送られてくるのでその情報をコピー先で、50%に計算し直しているだけとなります。

その時にコピー先の口座残高(証拠金)がいくらあるとかは、コピー元には関係なく、コピー先に残高がある場合はロットを0.5ロット取得しないなら、残高不足となりトレードしません。

重複となりますが、ここにはコピー元は関係ありません。
※ここでコピー元との関係を持たせてしまうと、コピー元のEAでコピー先へコピーしていることが分かる証拠を残すことにもなります。

したがって、コピー元に入れている「Orijinal_Likeness.ex4」にはトレードする機能やコメントをコピー元に残す機能などは御座いませんので、ご安心下さいませ。

その他色々となケースがあると思いますのでまずはデモ口座でコピー先のパラメーターを色々と変更して裁量でトレードしてみると腑に落ちるところが多いと思います。

コメント機能に関しての動画

様々なご質問を受ける中で、コメントの部分の確認をお願いすることがありあmす。

その時に「コメント」の存在をしない方がいらっしゃいます。

MT4は慣れるとシンプルなプラットフォームとなりますが、「簡単」と感じるまでに多少時間がかかるケースがあります。

「コメント」機能の存在を知らない方はぜひともご視聴下さいませ。

きっとお役に立つと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました