MT4エラーコード一覧

基礎
この記事は約17分で読めます。

MT4エラーコード一覧

ライクネスを使い上手くコピーされない方のエラーは下記のようなものが多いです。

MT4のエラーコード一覧表を貼っておきます。

参考までに!

エキスパート、操作履歴

エラーを確認する時はまずはこの2つ確認してみましょう!

Constant
定数
Value
Description
説明
ERR_NO_ERROR0No error returned.
エラーは返されてません。
ERR_NO_RESULT1No error returned, but the result is unknown.
エラーは返されてませんが、結果が不明です。
ERR_COMMON_ERROR2Common error.
一般エラー。
ERR_INVALID_TRADE_PARAMETERS3Invalid trade parameters.
無効なトレード パラメータ。
ERR_SERVER_BUSY4Trade server is busy.
トレード サーバーがビジー状態です。
ERR_OLD_VERSION5Old version of the client terminal.
ターミナル クライアントが古いバージョンです。
ERR_NO_CONNECTION6No connection with trade server.
トレード サーバーと接続されていません。
ERR_NOT_ENOUGH_RIGHTS7Not enough rights.
権限がありません。
ERR_TOO_FREQUENT_REQUESTS8Too frequent requests.
要求が頻繁すぎます。
ERR_MALFUNCTIONAL_TRADE9Malfunctional trade operation.
トレード操作の機能不全。
ERR_ACCOUNT_DISABLED64Account disabled.
アカウントの無効化。
ERR_INVALID_ACCOUNT65Invalid account.
無効なアカウント。
ERR_TRADE_TIMEOUT128Trade timeout.
トレード時間切れ。
ERR_INVALID_PRICE129Invalid price.
無効な価格。
ERR_INVALID_STOPS130Invalid stops.
無効なストップ値
ERR_INVALID_TRADE_VOLUME131Invalid trade volume.
無効なトレード量(ロット数)
ERR_MARKET_CLOSED132Market is closed.
市場が閉じています。
ERR_TRADE_DISABLED133Trade is disabled.
トレードの無効化。
ERR_NOT_ENOUGH_MONEY134Not enough money.
資金不足。
ERR_PRICE_CHANGED135Price changed.
価格が変わりました。
ERR_OFF_QUOTES136Off quotes.
売買不成立
ERR_BROKER_BUSY137Broker is busy.
ブローカーがビジー状態です。
ERR_REQUOTE138Requote.
レート再提示。
ERR_ORDER_LOCKED139Order is locked.
注文がロックされています。
ERR_LONG_POSITIONS_ONLY_ALLOWED140Long positions only allowed.
ロング(買い)ポジションのみ有効。
ERR_TOO_MANY_REQUESTS141Too many requests.
要求が多すぎます。
ERR_TRADE_MODIFY_DENIED145Modification denied because order too close to market.
市場が閉じているために、注文を変更することができません。
ERR_TRADE_CONTEXT_BUSY146Trade context is busy.
トレード状況がビジー状態です。
ERR_TRADE_EXPIRATION_DENIED147Expirations are denied by broker.
有効期限はブローカーによって拒否されています。
ERR_TRADE_TOO_MANY_ORDERS148The amount of open and pending orders has reached the limit set by the broker.
保有中と待機中のオーダー量(ロット数)がブローカーによる設定限度に達しています。
ERR_TRADE_HEDGE_PROHIBITED149An attempt to open a position opposite to the existing one when hedging is disabled.
逆張りするときに既存のものと反対のポジションを開く行為は無効です。
ERR_TRADE_PROHIBITED_BY_FIFO150An attempt to close a position contravening the FIFO rule.
FIFO規則(先入れ先出し)に違反しているポジションを閉じる試みです。

MQL4実行中のエラーコード(MQL4 run time error codes)

Constant
定数
Value
Description
説明
ERR_NO_MQLERROR4000No error.
エラーはありません。
ERR_WRONG_FUNCTION_POINTER4001Wrong function pointer.
間違った関数ポインタです。
ERR_ARRAY_INDEX_OUT_OF_RANGE4002Array index is out of range.
配列のインデックスが範囲外です。
ERR_NO_MEMORY_FOR_CALL_STACK4003No memory for function call stack.
関数を呼び出してスタックするメモリがありません。
ERR_RECURSIVE_STACK_OVERFLOW4004Recursive stack overflow.
再帰スタックのオーバーフローです。
ERR_NOT_ENOUGH_STACK_FOR_PARAM4005Not enough stack for parameter.
パラメータのための十分なスタックがありません。
ERR_NO_MEMORY_FOR_PARAM_STRING4006No memory for parameter string.
文字列パラメータのためのメモリがありません。
ERR_NO_MEMORY_FOR_TEMP_STRING4007No memory for temp string.
一時的な文字列のためのメモリがありません。
ERR_NOT_INITIALIZED_STRING4008Not initialized string.
文字列が初期化されてません。
ERR_NOT_INITIALIZED_ARRAYSTRING4009Not initialized string in array.
配列内の文字列が初期化されてません。
ERR_NO_MEMORY_FOR_ARRAYSTRING4010No memory for array string.
配列文字列のためのメモリがありません。
ERR_TOO_LONG_STRING4011Too long string.
文字列が長すぎます。
ERR_REMAINDER_FROM_ZERO_DIVIDE4012Remainder from zero divide.
ゼロ除算の剰余です。
ERR_ZERO_DIVIDE4013Zero divide.
ゼロ除算です。
ERR_UNKNOWN_COMMAND4014Unknown command.
不明なコマンドです。
ERR_WRONG_JUMP4015Wrong jump (never generated error).
間違ったジャンプです。(エラーは発生していません)
ERR_NOT_INITIALIZED_ARRAY4016Not initialized array.
配列が初期化されてません。
ERR_DLL_CALLS_NOT_ALLOWED4017DLL calls are not allowed.
DLL呼び出しが許可されてません。
ERR_CANNOT_LOAD_LIBRARY4018Cannot load library.
ライブラリを読み込むことができません。
ERR_CANNOT_CALL_FUNCTION4019Cannot call function.
関数を呼び出すことができません。
ERR_EXTERNAL_CALLS_NOT_ALLOWED4020Expert function calls are not allowed.
エキスパート関数の呼び出しが許可されてません。
ERR_NO_MEMORY_FOR_RETURNED_STR4021Not enough memory for temp string returned from function.
関数から返される一時文字列のための十分なメモリがありません。
ERR_SYSTEM_BUSY4022System is busy (never generated error).
システムがビジー状態です。(エラーは発生していません)
ERR_INVALID_FUNCTION_PARAMSCNT4050Invalid function parameters count.
無効な関数のパラメーター カウントです。
ERR_INVALID_FUNCTION_PARAMVALUE4051Invalid function parameter value.
無効な関数のパラメータ値です。
ERR_STRING_FUNCTION_INTERNAL4052String function internal error.
文字列関数の内部エラーです。
ERR_SOME_ARRAY_ERROR4053Some array error.
いくつかの配列エラーです。
ERR_INCORRECT_SERIESARRAY_USING4054Incorrect series array using.
間違った直列配列を使用しています。
ERR_CUSTOM_INDICATOR_ERROR4055Custom indicator error.
カスタム インディケーターのエラーです。
ERR_INCOMPATIBLE_ARRAYS4056Arrays are incompatible.
配列に互換性がありません。
ERR_GLOBAL_VARIABLES_PROCESSING4057Global variables processing error.
グローバル変数の処理にエラーがあります。
ERR_GLOBAL_VARIABLE_NOT_FOUND4058Global variable not found.
グローバル変数が見つかりません。
ERR_FUNC_NOT_ALLOWED_IN_TESTING4059Function is not allowed in testing mode.
テストモードで関数が許可されてません。
ERR_FUNCTION_NOT_CONFIRMED4060Function is not confirmed.
関数が確認できません。
ERR_SEND_MAIL_ERROR4061Send mail error.
メール送信エラーです。
ERR_STRING_PARAMETER_EXPECTED4062String parameter expected.
文字列パラメータが必要です。
ERR_INTEGER_PARAMETER_EXPECTED4063Integer parameter expected.
整数パラメータが必要です。
ERR_DOUBLE_PARAMETER_EXPECTED4064Double parameter expected.
浮動小数点数パラメータが必要です。
ERR_ARRAY_AS_PARAMETER_EXPECTED4065Array as parameter expected.
配列パラメータが必要です。
ERR_HISTORY_WILL_UPDATED4066Requested history data in updating state.
要求された履歴データが更新中状態です。
ERR_TRADE_ERROR4067Some error in trading function.
いくつかのトレード関数でのエラーです。
ERR_END_OF_FILE4099End of file.
ファイルの終りです。
ERR_SOME_FILE_ERROR4100Some file error.
いくつかのファイルのエラーです。
ERR_WRONG_FILE_NAME4101Wrong file name.
間違ったファイル名です。
ERR_TOO_MANY_OPENED_FILES4102Too many opened files.
開いているファイルが多すぎます。
ERR_CANNOT_OPEN_FILE4103Cannot open file.
ファイルを開くことができません。
ERR_INCOMPATIBLE_FILEACCESS4104Incompatible access to a file.
互換性のないファイルにアクセスしました。
ERR_NO_ORDER_SELECTED4105No order selected.
注文が選択されていません。
ERR_UNKNOWN_SYMBOL4106Unknown symbol.
不明な通貨ペアです。
ERR_INVALID_PRICE_PARAM4107Invalid price.
無効な価格です。
ERR_INVALID_TICKET4108Invalid ticket.
無効なチケットです。
ERR_TRADE_NOT_ALLOWED4109Trade is not allowed. Enable checkbox “Allow live trading” in the expert properties.
トレードが許可されてません。エキスパート プロパティの ”自動売買” 英語版であれば“Allow live trading” のチェックボックスにチェックを入れてください。
ERR_LONGS_NOT_ALLOWED4110Longs are not allowed. Check the expert properties.
ロング(買い)が許可されていません。エキスパート プロパティをチェックしてください。
ERR_SHORTS_NOT_ALLOWED4111Shorts are not allowed. Check the expert properties.
ショート(売り)が許可されていません。エキスパート プロパティをチェックしてください。
ERR_OBJECT_ALREADY_EXISTS4200Object exists already.
オブジェクトが既に存在しています。
ERR_UNKNOWN_OBJECT_PROPERTY4201Unknown object property.
不明なオブジェクトのプロパティです。
ERR_OBJECT_DOES_NOT_EXIST4202Object does not exist.
オブジェクトが存在しません。
ERR_UNKNOWN_OBJECT_TYPE4203Unknown object type.
不明なオブジェクト型です。
ERR_NO_OBJECT_NAME4204No object name.
オブジェクトの名前がありません。
ERR_OBJECT_COORDINATES_ERROR4205Object coordinates error.
オブジェクトの座標エラーです。
ERR_NO_SPECIFIED_SUBWINDOW4206No specified subwindow.
指定されたサブウィンドウがありません。
ERR_SOME_OBJECT_ERROR4207Some error in object function.
いくつかのオブジェクト関数でエラーです。

ライクネスで多いエラーコード

134:ERR_NOT_ENOUGH_MONEY

証拠金不足となりますので、MT4のターミナルから現在の残高を確認の上、ロット数を計算してみて下さい。

133:Trade is disabled.トレードの無効化。

これには複数の原因がありますが、ブローカー側の制限によるものがメインと考えられます。

例えば、

①設定されているロット数は過大または過小。

②設定されているロット数は発注不可。

③ブローカーからお知らせされている文書を同意していなく一時期制限されている。
※これまでのご質問でこれが一番多かったです!

④短時間に複数の注文が繰り返されシステムに負担かけるため、ブローカーより禁止されている。

⑤閲覧用の口座でトレードをしていた。
※デモ口座も同様で、閲覧用の口座ではトレードが出来ません。

コメントに関して

ライクネスではコピー先のコメント欄にはコピー元の注文番号が記入されます。

ただその他にもあります。

以前ご質問があったので、ここに記載しております。

partical close パーシャル クローズ

こちらは部分決済した時に出る内容になります。

例えば、0.1のポジションから0.05だけ部分決済した時に出ます。

close hedge by #83118066※番号は注文番号となります。

こちらは両建てポジションを相殺した時に出る内容になります。

例えば、同じ通貨ペアの買いポジションを1.0ロット、売りポジションを0.5ロット
取得している時に両建てポジションを相殺して、買いポジション0.5ロットだけ
残した時に出ます。

この場合、部分決済にもなりますので、「partical close」も出ます。

こちらの使用方法は両建てのポジションがある状態で、ターミナルのポジションを
ダブルクリックして、出てきたウィンドウの注文種別を両建て解除:対象玉を指定に
選択します。

あとは対象のポジションを指定して決済ボタンを押します。

こちらの処理はライクネスには入っていないのです。

もしライクネスで行われた場合、証券会社(ブローカー)が両建てが可能な確認する必要があります。

Error OrderSend :4112

調べたところは、MetaTrader 4(MT4)で発生するエラー 4112 は、ブローカーによって自動取引が無効になっていることを意味しているようです。

ようは、

「自動売買がサーバーで許可されてない」とのことなのd、え

お使いのブローカーで自動売買が禁止されている可能性があります。

コメントに出てくる so: とは

ロスカットされた場合は「コメント」欄に「so: 〇〇%(証拠金維持率)/有効証拠金/必要証拠金」が表示されます。


この表示があればロスカットがされたということです。

ちなみに、so の意味ですが、

Stop Out

のことです。

パラメーターの終了時間に日時が正しく入力されていないためEAを停止しています

チャート上に

「パラメーターの終了時間に日時が正しく入力されていないためEAを停止しています」

と表示される場合は、

パラメーター入力の終了時間の部分が空欄になっている可能性があります。

終了曜日設定がfalseの場合でもなんらかの値を入力しておいて下さい。

MT5:auto trading disabled by server

MT5の場合は、

操作ログ(MT4の場合は操作履歴)の

auto trading disabled by server

と表示される場合は

ブローカーの制限により取引出来ない場合があります。

その場合は、

お使いのブローカーに問い合わせて頂ければと思います。

過去の事例として、

個別に許可

をしてくれる場合があります。

少し不思議に思うかもしれませんが、

自動売買=自動で取引をしてくる

ではありません。

EAは取引をしてくれるものもあれば、

取引の補助をしてくれるツールもあります。

したがって、補助ツールは良いけど、自動売買は駄目なケースがあります。

理由としてはいくつかありますが、

1番は

ブローカー側のサーバー負担です。

スキャルピングのEAのように

1分間に何十回も高速で取引をされることでサーバ負荷による障害が起こる可能性があります。

意味

auto trading disabled by server

日本語訳

サーバーによる自動売買の無効化

この”サーバー”の部分がブローカーのサーバーを指します。

Invalid request (無効な取引です)

操作ログに

Invalid request「無効な取引です」 と表示されて場合は下記のような問題が考えられます。

  • 価格の有効期限切れ: 注文がブローカーに到達するまでの時間差で市場価格が変動し、指定された価格がもはや市場価格と一致しない場合。
  • スリッページ制限: ユーザーが設定したスリッページの最大値を超える価格変動があった場合。
  • 取引量の問題: 最小または最大取引量の制限に違反している場合。
  • 市場閉鎖: 休市時間や週末など、取引が許可されていない時間帯に取引を試みた場合。

ようはこの、

「無効な取引です」

というエラーメッセージは通常、取引の条件がブローカーの基準に適合していない場合に表示されます。

ブローカーごとに規約は違いますので、まずはそちらの確認をしてみて下さい。

trading attempt in the investor mode

コピー出来ない原因として、操作履歴に表示される

trading attempt in the investor mode

日本語訳:投資家モードでの取引の試み

があります。

この ”投資家モード”

というのは簡単にいうと、読み取り専用の口座になります。

詳しくは下記ページに記載しておりますが、

誰かに自分の口座を見せたい。

しかし、操作はされたくない。

という時に使用します。

読み取り専用(閲覧専用)パスワードの設定方法
読み取り専用、閲覧専用、Read only(見るだけ) とは MT4には基本的に2つのアカウントを使いログインしていきます。 1つ目はリアルアカウント(実際の取引アカウント)です。 これは実際の資金(証拠金)を使用してトレードを行うためのア...

したがって、そもそもトレードが出来ない口座なので、コピーは出来ません。

loaded successfullyはエラーではない

操作履歴に、

「loaded successfully」

と表示された場合ははエラーではないですのでご安心下さい。

英語:loaded successfully

日本語:「正常に読み込まれました」

通常この表示はEAを利用する時に、

EAのい名前、通貨ペア名、表示している時間足、そしてloaded successfully

との表記となります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました